材料のこだわり

患者様の安心と納得のために厳選した材料をご用意しております。

材料

最近は各地で産地偽装や異物の混入等が次々と問題となっています。歯科技工物は一度口の中に入れるとずっと使用し続けるものです。厳しい口の中の環境で高い安全性を保つために、Zahnでは厳選した最高品質の材料を使用しています。

金属

Zahnでは、健保適用の金銀のパラジウム合金をはじめ、さまざまな種類の金合金やチタンを扱っています。

金合金

主な用途
単体で……インレー・クラウン・ブリッジ
樹脂と合わせて……クラウン・ブリッジ・デンチャー
ポーセレンと合わせて……クラウン・ブリッジ
ヨーロッパの高い安全基準をクリア

使われる場所や用途に応じて様々な種類を使い分けています。
奥歯のように、見えにくくて噛む力が大きく加わる部位には最適な材料です。
暖色系の色調は口の中で明るく見えます。銀合金のように黒っぽく映ることがありません。安全性の高い材料なので、周りの歯茎を黒く着色してしまうこともありません。
Zahnでは非常に信頼性の高いヨーロッパ製の物をお勧めしています。歯科用金合金は、ジュエリー用のものとは異なり厳しい口の中の環境でも高い安全性を保てるような組成になっています。特にヨーロッパの大手歯科用金属メーカーの物は世界シェアが高く製品ムラも非常に少なく、アレルギーを引き起こしにくい組成から作られているため、純金よりも高価です。Zahnでは中でも合金の組成が100パーセント公表されているものを選んで使用していますので、パッチテストで明らかになった特定金属成分を含まない合金を選択することができます。金属アレルギーをお持ちの方にも安心していただいております。


チタン

主な用途

樹脂と合わせて……クラウン・ブリッジ・デンチャー

より軽く薄い

コバルトクロムよりも軽く薄くできます。金属なので食べ物の熱も伝わりやすく、よりおいしく感じることができます。優れた機械的性質、生体組織との親和性の高さを兼ね備えることからインプラントや人工関節・人工骨といった整形外科分野でも実績のある素材です。純チタンは、金属の中でも純金と並んで最も金属アレルギーを引き起こしにくいものの一つです。アレルギー体質の方には特にお勧めできる金属材料です。


コバルトクロム合金

主な用途

樹脂と合わせて……デンチャー

安全性の高い金属

樹脂だけでできたデンチャーと比較すると軽く薄くできます。金属なので食べ物の熱も伝わりやすく、よりおいしく感じることができます。
Zahnではヨーロッパで実績のあるドイツBEGO社の安全性の高い金属を使用しています。生体適合証明書を取得していますので、金属アレルギーをお持ちの方にも安心していただいております。

樹脂

アクリリックデザイン

主な用途

単体で……デンチャー
樹脂と合わせて……デンチャー


豊富な色調

色調のバリエーションが豊富な材料です。仮歯や矯正装置などにも使われます。

硬質レジン

主な用途

金属と合わせて……クラウン・ブリッジ

健康保険が適応できます

前歯では健保適用です。白い色をしています。


ハイブリッドレジン

主な用途

単体で……インレー
金属と合わせて……クラウン・ブリッジ・デンチャー

技工士が一つひとつ仕上げます

硬質レジンと似ていますが、たくさんのセラミックの粉を練りこみ、より摩耗に強くした素材です。
透明度や色調の違う様々なペーストを、歯科技工士が工夫して積層を繰り返しながら、それぞれの症例に合わせて一つ一つ盛り上げて、固めて仕上げます。
Zahnでは主に、日本人の歯の色になじみやすい松風社製セラマージュと強度の大きいクラレ社製エステニアC&Bを使用しています。


セラミック

ポーセレン

主な用途

単体で……インレー・ラミネートベニア
金属と合わせて……クラウン・ブリッジ

色が豊富で、変色に強い

非常に色調の豊かな材料です。セラミックなので長年口の中に入っていても変色はありません。生体にも優しい素材です。
金属と合わせた物をメタルボンドと呼びます。昔からセラミックの歯といえばこれをさすことが多いです。
透明度や色調の違う様々な粉を、歯科技工士がそれぞれブレンドしたり工夫して積層したりして、それぞれの症例に合わせて一つ一つ盛り上げて、電気炉で焼き固めて仕上げます。
Zahnでは主に、デグデント社製と松風製・ノリタケ製の各製品を使用しています。

オールセラミックス

主な用途

インレー・ラミネートベニア・クラウン・ブリッジ

美しい色調

すべてセラミックでできたものです。素材やシステムによって様々なものがあり、それぞれ強度や光の透過性が異なります。非常に美しい色調が表現できます。金属を使用しないので金属アレルギーの方にもお勧めしています。最近ではジルコニアと呼ばれる非常に強度の大きな素材が発売されています。 Zahnでは、症例や用途に応じて様々なシステムと素材を使い分けています。


システムの違いや特徴
ジルコニアとは

ジルコニウムの酸化物です。歯科で用いられているものは酸化物を添加して安定化させて、より強度および靭性などの機械的特性を向上させたものです。歯科以外の分野ではスペースシャトルの耐熱タイルやF1のブレーキシステムの部品、人工関節の材料としても活躍しています。人体に対する安全性(生体親和性)の観点からも大変優れた材料です。金属に代わる歯科治療材料として注目されています。