歯科技工物カタログ

それぞれの歯科技工物の名前やシステム及びそれに用いることができる主な素材の特徴を挙げてみました。

インレー

インレー(詰めもの)

虫歯などで失われた歯の一部を補うものです。使える材料には金銀パラジウム合金・金合金樹脂セラミックがあります。


ラミネートベニア

ラミネートベニア(歯の色や形をきれいに)

歯の色や形をきれいにするために、歯の表面にコンタクトレンズのように張り付けるものです。セラミックでできています。


クラウン

クラウン(差し歯や被せものに使います)

ダメージを受けた歯の表面全体に覆いかぶせて機能を回復するキャップ状のものです。使える材料には金銀パラジウム合金・金合金樹脂セラミックがあります。その他に、金属+樹脂・金属+セラミックのような複合材料も使えます。


ブリッジ

ブリッジ(歯と歯をつなぐ架け橋)

無くなった歯の両隣の歯を削り,橋のように渡して無くなった部分の機能を回復させる歯が連なった形をした橋状のものです。使える材料には金銀パラジウム合金・金合金樹脂セラミックがあります。その他に、金属+樹脂・金属+セラミックのような複合材料も使えます。


デンチャー

デンチャー(いわゆる入れ歯です)

パーシャルデンチャー(部分入れ歯)とフルデンチャー(総入れ歯)があります。樹脂だけで作る物の他に、ばね等に金属を使用することもあります。さまざまな固定装置と組み合わせて、より使いやすいものにすることもできます。


インプラント

インプラント(失われた歯の機能回復など)

失われた歯のあった部分のあごの骨にチタン製のボルト状のものをねじ込み、その上にクラウンやブリッジを被せて機能を回復させたり、デンチャーの固定などに利用したりするシステムです。現在、様々なメーカーから多数のインプラントシステムが販売されています。