Zahnブログ

研修会の模様や最新の材料・機器の導入情報から、Zahnの日々の出来事など、最新の歯科技工情報をわかりやすく身近にお伝えします!

2010年1月17日

田中利哉です。

今年も南カリフォルニア大学ジャパンプログラムの2期がはじまりました。

私、田中は昨年1期を卒業しましたので、今回はオブザーバー参加になります。

そして、今年はZahnの堀直樹が2期生として参加します。

今回の講義はバックリー先生によるインプラント外科でした。

今回も興味深い話が多く、脳みそがいっぱいいっぱいになりました。

スクリューテントポールテクニックというグラフトテクニック(骨の造成)や自家骨でなくガタバーボーンを

使うことの意義など、盛りだくさんの内容でした。

今年も私はちょくちょくオブザーバーで参加しますので1期のみなさん2期のみなさんよろしくおねがい

します。
jpg011.jpgjpg012.jpg

カテゴリー:研修

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://zahn.co.jp/mt-6/mt-tb.cgi/66

コメントする