Zahnブログ

研修会の模様や最新の材料・機器の導入情報から、Zahnの日々の出来事など、最新の歯科技工情報をわかりやすく身近にお伝えします!

2020年6月22日

虫歯になって神経を抜かれてしまった歯

時間をかけて治療をして

やっときれいな歯が入ったのに

土台が折れた・・・

こんなことがあります

神経の入っていた穴と

失われた歯質の一部を復元するのがコアです

残った歯質と一緒になって

上に入ったクラウンと一緒に咬合力を受け止めます

 

銀合金や金合金

最近では

樹脂とグラスファイバーを使って作ります

 

大きな咬合力が加わると

金属で作られたコアが

血流を失い脆くなった残存歯質に楔のように働き

折れてしまうこともあります

樹脂とグラスファイバーの複合材料で作られたコアは

コア自体が折れてしまうこともあります

Bio-P コア は

従来のコアのそれぞれの欠点をカバーしています

強度と靭性のある単一素材のコアで

クッション性があり歯根破折をおこしにくい

特性を持っています

虫歯から再生し

頑張っている歯を応援するコアです

bioPcore.jpg

カテゴリー:歯科補綴物

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://zahn.co.jp/mt-6/mt-tb.cgi/446

コメントする